語学留学って意味あるの?

imiban

語学留学って意味あるの?

語学留学でホントに英語が話せるようになるの?

Photo by Monkey Business

Photo by Monkey Business


海外の大学に留学するならともかく、それって意味あるの?

当然ながら語学留学は英語を習得することが目的です。
でも勘違いしている人が多いので、ラララロンドン内でも繰り返し述べていますが、「語学学校」は英語の基礎の基礎しか教えてくれません。
これは、当サイトでお薦めしている「格安語学学校」だけでなく、世間一般的な「語学学校」全てに当てはまります。
語学学校で学んだことをもとに、英語をバンバン使いまくって、自らの英語を上達させていくのです。
習うより慣れろとはよく言ったもので、ある程度の基礎知識が身に付いたならば、あとは実践あるのみ。

我々日本人は、小中高と英語を充分学んできました。過酷な受験もありました。imi3

でも、英語が話せない。

理由は簡単です。英語を使う場が無いからです。
英語を使わなくても生活ができたからです。今までは。

そう、今までは。imi4
これからは、ちょっと事情が変わります。

英語を公用語とする会社がでてきたり、仕事を探すにも英語は必須になったり。
また、日本語しかできない=日本でしか生きられない、例えば、弱体化する日本経済を考えたとき、それって今時マズくない?

 

そこは学んだ英語を実践的に使う貴重な場imi1

ちょっと話を元に戻します。
海外大学への留学者は、学んだ英語を実践的に使うアカデミックな環境があるからこそ、飛躍的に英語のスキルが伸びるんです。(もちろん長期留学になるという点も大きなポイントですが)

じゃあ、語学留学って、そういう場がないの?

ありますとも!

ロンドンはチャレンジしがいのある大都市です。

アルバイトに励んでもいいし、
現地インターンを利用してもいいし、
資格習得、お稽古ごとを頑張ってもいいし、
ファッションデザイナーとしてブランド立ち上げてもいいし、
仲間とUKデビュー目指しバンドを結成してもいいし、

可能性は無限大。

語学学校で学んだ英語を、すぐに使う環境なんていくらでもあります。
だって、そこはロンドンだもん。

でも、留学中どうやって過ごすかは人それぞれ。

語学学校と家との往復なんて、絶対ダメですよ。
街へ出て、バンバン英語使わなきゃ。

格安語学学校なら、めちゃくちゃ留学費用が安いので、その分、浮いたお金でロンドンで色んなことにチャレンジできるはず。
街や語学学校に慣れちゃうと、何かしたくてウズウズしてくると思います。

そうでなくても、

一人暮らしの身の周りのこと、
スーパーで買い物すること、
日本の家族にプレゼントを発送すること、
休暇に思い切って旅行に行くこと、

全ては英語学習につながっていますよね。

 

語学留学の成果を目に見えるかたちで 

結論として、留学期間の過ごし方がとても大事ですが、語学留学は決して無駄ではありません。

ただ、語学留学やワーホリを「無意味」と考えている人がいることは残念ですが事実です。
そんなときは資格を1つの成果として考えるのはいかがでしょうか。

現地での資格、、、アロマやネイル、ワイン関連、トラベル関連、アート関連たくさんあります。
英語の資格と言えば、世界中で認められている「ケンブリッジ英検」は有名ですね。

あなたはきっと大きく成長して帰国するはずですが、それを他人の目に見えるようにしたものが資格です。

語学学校にはこれら資格取得を目指すコースもあります。ぜひチャレンジしてみてくださいね。


Related posts

Top