格安校の特徴(4)授業の質に違いはあるか?

classroom

どこの留学斡旋業者も言ってくれないので、ラララロンドンがハッキリと言っちゃいます!
間違いなく、「授業の質は、教師の質」です!
いくら素晴らしい語学学校でも、ダメダメな先生に教わることになるのでは意味がありません。

Photo by Kelvin Cantlon

Photo by Kelvin Cantlon

だから、どの学校にしようか、格安語学校にしようか、一般語学学校にしようか…学校選びに迷うこと自体 あんまり意味ないのかもしれません。学校選びをサポートしてくれる留学カウンセラーと呼ばれる人々の仕事も、…これだと疑問が残っちゃいますね。

でも、それって、よーく考えてみたら当たり前なんですよね。
それで、その質を保証するために、語学学校教師資格があり、学校側も「わが校の教師は有資格教師です!」…と広告などに謳っています。

もちろん格安校だから有資格教師がいない!…ということはありません。ご安心を。

これは学校のポリシー次第で、有資格教師ばかりの格安語学学校もあれば、そうではない格安校もあります。まったく同じことが一般語学学校にもあてはまります。
このことに関しては格安校、一般校、関係なし。あくまで各語学学校のやり方ってわけです。

Photo by AVAVA

Photo by AVAVA


さらに、資格が無いから必ずしも教え方が下手ってわけじゃありません。
ただやっぱり資格のある先生はプロって感じはします。それなりの訓練にパスした先生ですもん。

有資格/無資格関係なく、先生の中でも

「仕事と割り切って教師をやっている先生」と
「使命感を持って英語教師をやっている先生」がいます。

後者の先生のほうが、熱血で宿題もバンバン出しますが良評判。

Photo by Robert Kneschke

Photo by Robert Kneschke


資格の有無も目安になりますが、先生のヤル気&相性のほうがずっとずっと重要ということです。

実際に授業を受けてみるまで、その内容はわかりませんが、もし授業を受けてみて「イマイチだな…」とか、「相性悪い」と感じたら無理することはありません。
語学学校の職員に相談し、先生を変えてもらう、もしくは受講するクラスを変えてもらえばいいでしょう。

クドいようですが、先生の質、つまりは授業の質について、格安語学学校にも質の高い学校/低い学校ありますし、一般語学学校にだって質の高い学校/低い学校があります。

うーん。結局、教師次第なら日本にいながらでの語学学校探しは難しいなぁ・・と思っちゃいますよね。
でも一つだけ、確実に言えることがあります。

Photo by deanm1974

Photo by deanm1974

学費にお金をかけたからといって、それが確実に質のいい学校とは限らないし、英語力が上達しやすいわけではないということです。

「学費が高い=英語が上達しやすい」?? そんなワケないですよね。

格安校の特徴(1)生徒の国籍
格安校の特徴(2)設備が質素すぎる
格安校の特徴(3)課外活動への取組み
格安校の特徴(4)授業の質に違いはあるか?


Related posts

Top