ロンドンでアルバイトするぜ!

job01

ロンドンで働く!その条件とは

留学生という「ゲスト」ではなく、そこに生活する「市民」らしくアクティブに海外生活を送るために、チャンスがあるならば、お仕事することをお勧めします!
ビジネスシーン……つまり実社会です。格安語学学校で学んだ「基礎」を実践させる環境としても、言葉に慣れるという面でも適しています。

とはゆーものの、近年の経済の悪化と不法入国者の就労問題などがあり、誰でも簡単に職に就けるかというと、そうではありません。

でもブレア元首相が海外からの留学生の受け入れに非常に積極的だったこともあって、留学生の就労は認められている場合があります。
就労を通じて英国文化をより深く理解することが目的です。

留学生の就労といっても以下のような条件があります。

3visas

イギリスで学校に通うには主に3種の留学生があります。
こうやって見てみると、バイトするにはワーキングホリデービザが最も有利な条件ですね。

う~ん。こりゃ確かにワーホリ募集の度に大使館サイトにアクセスが殺到するわけだ。

 

ルールを守って働く。

なお、お給料の振込みに現地の銀行口座が必要になる場合があるので、可能ならば現地で口座を開きましょう。

留学生にとって口座開設は難しいと一般的に言われますが、決してそんなことはないと思います。
口座の開設に必要不可欠なのが、学校側の協力。

口座開設に必要な書類を学校側が準備してくれることがあるんですが、これがとっても大助かりです。(そーゆー意味でも「学生に協力的」って学校選びの重要ポイントになりますね。)

就労可能なビザを取得せずに働くことや、定められた労働時間を超過することは当然NGです。

Photo by ed lawrence

Photo by ed lawrence

もちろん、バイトの掛け持ちなどによる勤務時間超過もルール違反です。

学生に認められた就労はあくまでも、、え~と、、、英国文化をより深く理解する為…です。(なんか…照れちゃうのは何故?)

つまりオマケみたいなもの。

でも、生活費の足しにはなるし、
何よりも就労しているか否かで海外生活が全然違ったものになります。

ぜひ、積極的にバイトをしてアクティブなロンドン生活を送ってくださいね。


Related posts

Top