留学手配のタイミング!

tehai

留学手配のタイミング!ws

ワーホリビザや、学生ビザのような日本出発前の申請や手続きが不要なスチューデントビジタービザ(以下SVビザ)は、気軽に英国内の教育機関に就学できるビザとして人気です。

SVビザは、ヒースロー空港などの現地到着空港で入国審査官に必要書類を提出してビザを受給する仕組み。

今や、ネットで語学学校も航空券も滞在先も全部自身で手配できてしまう便利な世の中になりましたが、その各種手配のタイミングがなかなか難しいことは意外に知られていません。

会社の休暇や、学校の夏休みなどを利用して、短期の格安語学留学でも行こうかなーなんて方には是非とも注意していただきたい「留学手配のタイミング」。

大袈裟かもしれませんが、全てはきちんと計画して物事を進める必要があるんです。

ラララロンドンだけでなく、留学斡旋業者が「余裕をもって準備を」と言っているのは、この辺のタイミングが難しいからです。

 

入学許可証をゲットせよ

ほかの留学ビザと比べて、SVビザは日本出発日まで何にもしなくてもいい・・わけではなく、ヒースロー空港などで待ち構えている入国審査官サマに提出する書類を出発日までに絶対に揃えなくてはいけません。

絶対に、です。

必要書類が揃っていないと、現地空港でSVビザが貰えません。
それって、つまり観光ビザでの英国入国になっちゃいます。(語学学校に通えない)

そして、提出すべき書類とは・・そう、入学許可証です。(他にもあるよ。)

入学許可証は、別名スクールレターとも呼び、語学学校にちゃんと学費を支払った証明の書類で、ガチガチのオフィシャルドキュメントです。

語学学校のサイトでは [語学学校開始日]と[期間]を選んで、クレジットカードでカンタンに支払って・・

大抵、語学学校のサイトは簡単な英語で作られているので、ここまでは鼻歌を歌いながらでもできちゃうカンタンな手続きなんですが、その後、海を渡って日本に届けられる入学許可証の到着までが 実はこの一連の手続きです。支払いで終わりじゃないんです。

「おうちに帰るまでが遠足です」って小学校の時、よく先生に言われましたが、それと同じ(?)「入学許可証、届くまでが、語学学校手配です」

この入学許可証、海を渡って郵送されてくるもんだから、なかなか届かない。届かない。ホントに届かない。(イライラ)

で、さっきの文章を思い出してください。そう、この入学許可証、入国審査官サマに絶対に提出しなきゃいけないんです。

ちなみに、勘違いされている方が多いんですが、語学学校のサイトでの支払い直後に送られてくるメールは入学許可証じゃありません。



入学許可証が手元にあって、やっと航空券、現地宿泊、学校のスタート日、すべてが確定する。

timingimage4b

そうです、日本出発日までにゲットしなくちゃいけない書類なので、航空券手配の際、出発日をよーく考えて設定しなくてはいけないってことです。

それはつまり現地の滞在先の手配などにも直結してくる大事な部分。

航空券は語学学校からの入学許可証がちゃんと手元に到着してから手配しましょう。


手元に入学許可証がないまま、見込みで航空券を予約しちゃう人もいますが、ほとんどの人が焦りまくる結果になります。

「え~、だって、語学学校側もすぐに入学許可証を送ってくれるとメールで言ってたし、大丈夫でしょ!? 2週間後に日本出発だけど、きっと間に合うよ」
・・外国人の”すぐやる”ほど信用ならないものはありません。

「ヤバい!明後日の航空券を取っちゃったのに、まだ入学許可証が届かないー!!(涙)」
・・といった嘆きは留学あるあるです。

さらに、
「OK!やっと入学許可証が届いた!5日後のコース開始だから、急いで航空券手配しなきゃ!」・・と言っても、明日、明後日の航空券(特にリーズナブルな格安航空券)を手配するのはなかなか難しいです。

というわけで、[語学学校手配]と、[航空券手配]と、[語学学校開始日]の間にそれぞれ1ヶ月ほど期間を開けるのがお薦めです。

ちなみに、ややこしいかも知れませんが、語学学校の手配で決めるのは「語学学校開始日」です、航空券の手配で決めるのは「日本出発日」です。この2つの日を混同してはいけません。


Related posts

Top