LCCでヨーロッパを徹底的に楽しむ!

ej

LCCでヨーロッパを徹底的に楽しむ!SONY DSC

最近、日本でもLCC(ローコストキャリア)という言葉が盛んに使われるようになりました。

これは、「格安航空会社」のことで、激安料金で人気の路線です。

日本では、エア・アジア、ジェットスター、ピーチ・アビエーションなど各社が日本の路線を開拓しようとしのぎを削っていますが、ヨーロッパでは随分前から庶民の足として、いや翼として親しまれている重要な交通手段です。

日本のいわゆる「格安航空券」とは違い、航空会社そのものが格安専門の航空会社。驚くべきはその値段です。


LCCの代表格として有名な「イージー・ジェット」。ロンドンのルートン空港に拠点を置く、大手格安航空会社ですが、まずは昨年の最安運賃を見てみましょう。


ロンドン発の最安値運賃の例lcc2

→パリ・シャルルドゴール(フランス)片道およそ2,900円
→マルセイユ(フランス)片道およそ3,500円
→コペンハーゲン(デンマーク)片道およそ2,520円
→ベルリン・シェーネフェルト(ドイツ)片道およそ3,200円
→ザグレブ(クロアチア)片道およそ3,800円
→アテネ(ギリシャ)片道およそ\4,700円
→イスタンブール・サビハギョクチェン(トルコ)片道およそ6,800円
→ミュンヘン(ドイツ)片道およそ2,600円
→ミラノ・マルペンサ(イタリア)片道およそ2,520円
→ローマ・フィウチミーノ(イタリア)片道およそ3,000円
→レイキャビク・ケブラヴィーク(アイスランド)片道およそ6,200円
→パフォス(キプロス)片道およそ6,200円
→アンマン(ヨルダン)片道およそ8,800円
→テルアビブ(イスラエル)片道およそ11,900円
→ルクソール(エジプト)片道およそ11,700円
→アガディール(モロッコ)片道およそ4,800円
→ウイーン(オーストリア)片道およそ3,800円
→バルセロナ(スペイン)片道およそ2,900円
→イビサ(スペイン)片道およそ3,500円
→カナリア諸島(スペイン)片道およそ5,800円
→リスボン(ポルトガル)片道およそ3,500円
→ソフィア(ブルガリア)片道およそ3,800円

 


…まさに驚愕の運賃ですね。ロンドンからアフリカ大陸まで\5,000弱で行けちゃうんです。

イギリス人は旅行好きとして知られていますが、こんな格安路線網が彼らの行動力や好奇心の源になっているのかもしれません。

語学学校で与えられる休暇期間を利用してロンドンからひとっとび!各地へリーズナブルな旅に出かけるのも、とても楽しみです!


時は金なりの大原則

photo credit: albedo20 via photopin cc

photo credit: albedo20 via photopin cc

「大丈夫かよ…その飛行機、、、」
格安という言葉を聞いて、そう思ってしまう方が多いことは、格安語学学校サイトを何年もやってきたラララロンドンはよーーく知ってます(笑)

LCCはムダを徹底的に省いて、見事な運賃を実現しています。それ故、一日に決められたフライト数を、ちゃんとお客さんを乗せて、ノートラブルで きちっと飛ばないと赤字になってしまいます。
つまり、LCCの機体は一日の時間割がきちっと組まれています。 
例えば…どこどこの空港を9時に出発し、
11時に目的地に到着、整備、点検を12時に行い、13時に次の目的に出発。…という感じで厳格に管理されているのがLCCの飛行機です。
実際、世界のエアライン安全度ランキングに、LCCが数多くランクインしているのは、徹底した管理主義の功績といわれています。


安いには他にも理由が
LCCに普通のサービスを求めちゃダメ

photo credit: LANZATE via photopin cc

photo credit: LANZATE via photopin cc

一般の航空会社にみられるサービスをLCCに求めてはいけません。
そこらへんを全てカットして、魅力的な運賃を実現しているからです。

例)
・全席自由席 …(いい席ゲットの為に乗客が早めに空港に来てくれるから)
・遅れたお客さんは絶対に待たない… (先述のように、LCCはスケジュールが命です)
・キャビンアテンダントがジャージ姿 … (経費削減の為なら、制服なんてどーでもいいんです)
・機内サービスなし… (大手LCCライアンエアでは、客が吸う空気のみ無料と揶揄されます)
・やたら深夜便。… (もしくはめちゃくちゃ早朝)
・やたらマイナーな空港を使う… (郊外のマイナー空港は使用料が安い。遠いのが難点)

すべてネットで予約を完結できるのもLCCの特徴です。

サイトを見てみると、毎日毎日運賃は大きく変動しています。しかも同じ日の便でも値段が全然違うことがあります。
上で紹介した表はあくまで最安運賃。昼間の出発便より深夜の便のほうがグーンと安いんです。
当然、直前予約よりも、数ヶ月前から事前に予約しておいたほうがお得です。


この国の人間は休暇の為だけに一年間頑張っている気が…

休暇明け、クラスメイトや先生達は、「友達とイビサにいってさー」とか、「イタリアで買い物を~」など土産話に花を咲かせます。語学学校はバケーションの話題で溢れています。
「ねぇ、君はどんな休暇を過ごしたの?」って絶対に聞かれますから!

「うんとね、マックでずっとバイトしてた。」でもいいんですが、なんか悔しい!
LCCは格安留学のバケーションにはピッタリじゃないでしょうか?英国留学している間に、さまざまな国や文化に触れるのもとっても有意義ですよ。ぜひ。

イージージェット
http://www.easyjet.com/

ライアンエアー
http://www.ryanair.com/


Top