留学後も英語を忘れない

photo credit: KI Boston via photopin (license)

 

留学後も英語を忘れないために


度胸や自信、行動力や問題解決力、価値観や考え方、日本との違い、日本では得られない経験、、などなど、海外留学で身に付くものや、気が付くものってたくさんあります。

それらは、帰国後のあなたの人生において宝物になることでしょう。

ただ、帰国後、恐ろしいスピードで失われていくものがあります。

 


それが、英語。

 

 

photo credit: KI Toronto via photopin (license)

photo credit: KI Toronto via photopin (license)


せっかく留学したのに、一度身に付けた英語を忘れてしまうのはモッタイナイものです。

ラララロンドンをご覧いただいている、これから留学をと考えている方々にとっては、帰国後の話とか言ってもピンとこないかもしれません。

でも、英語は使わなければ失われていくものであると分かってもらったほうが、留学中の時間や環境を大切に感じられるのではと思いました。

なかには帰国したその日から 自分の英語力がどんどん失われていくことに気が付く人もいるくらいです。


そこで今回は帰国後も英語を忘れない方法を考えてみました。

 

 

kikoku5

photo credit: KI Boston via photopin (license)

 

留学期間で出会った人たちとSNSで繋がっておく

留学中から積極的にクラスメイトなどとFacebookやskypeでやりとりを行いましょう。

SNSのつながりは帰国後もそのまま継続することができるので、英語を忘れないためにとても大事です。

 

FZ093_L


好きなものは帰国後も英語で楽しむ

興味ある分野の海外雑誌や書籍を英語のまま読んだり、好きな海外ドラマを英語のまま観る。

好きなジャンルのものだから、日本にいても続けられます。

ポイントは楽しむところ。

 

FZ119_L


英語の習慣を作る

上の2つもそうなんですが、なにか英語の習慣を意図的に作りましょう。

人間の脳は生活に不要なものをどんどん忘れていきます。

そこで何でもいいので英語の習慣を作ることにより、脳は英語を不要なものとしません。

 

 

kikoku3


リスニング力は落ちにくい

帰国後、仕事などで英語のコミュニケーションをとることの出来る環境の人は忘れることも少ないでしょうが、そうでない人は驚くほどのスピードで英語を失っていきます。

「あれ・・なんて言うんだっけ?」と、単語はあっという間に消えていきますし、

口の筋肉も英語を使うときのそれとは、使う筋肉の部位が異なるのか、発音もなんか変になっていくようです。

ただ、リスニング力はそんなに落ちません。

英語のリズムを耳が理解しているからですね。

 

 

 

何度でもロンドン格安語学学校に行く

まだ語学学校のレッスンを要するレベルの英語なのであれば、いつでも語学学校に再入学を。

短期滞在で何度も繰り返し繰り返し格安語学学校に行く方法は、ヨーロッパの非英語圏の学生がよく使うやり方です。

いくら格安校の短期費用が安くとも、日本からの場合は飛行機代が大きな負担になりますが、そういうやり方もあるんだと頭の片隅へ。

 


Related posts

Top