ロンドン・ストリートミュージシャン

busker01

 

駅の中のお楽しみ

ロンドンの地下鉄駅構内では、様々な音楽を耳にすることができます。

バスカー(busker)と呼ばれるストリートミュージシャンが通路の端っこで楽器を演奏したり、歌を歌ったりしているからです。

ロンドンには様々な人種がいるせいか、その音楽性も実に多様。

ブリティッシュ・ロックチューンから、電子音、クラシカル、トラッド、ジャズまで、様々なジャンルが日々演奏されています。

photo credit: Sex and the City, Saturday busker, Charing Cross Underground, London via photopin (license)

 

 

実は実力派揃い

地下鉄駅の構内という場所柄、音が響きあうので聞こえもリッチになっているのかと思いきや、実はこのバスカーは2003年から免許制になっています。つまり、演奏も実力派ってこと。

免許のない人は、パフォーマンスをすることが認められていません。

駅構内にも「NO BUSKING HERE」(ここで演奏禁止)のサインがあるように、そもそも基本的に駅構内でのパフォーマンスは禁止でしたが、皆が演奏を楽しんでいるので駅員も警察も特に問題視していませんでした。

ただ、場所取りを巡ってバスカー同士でもめごとも多かったため、バスカーの免許制と、場所の予約制に踏み切ったというわけです。

 

 

photo credit: Guitar Ham via photopin (license)

photo credit: Guitar Ham via photopin (license)


大きな駅に出没

通行人は気に入ったバスカーに投げ銭をします。

バスカーも休日を狙って、たくさんの買い物客でにぎわう中心部の大きな駅を演奏場所として選ぶ傾向にあるようです。

買い物ついでに様々な音楽を楽しんでみるのもおすすめです。

 


Top