ロンドンでのアルバイトの職種や賃金

job07

なかなか海外で働く!というチャンスには恵まれないものですが、多くの場合、その障壁となっているのがワークパーミット(労働許可のこと)です。ポイントは”そもそも働いていいの?”ってところ。
でも、留学生が取得するビザの種別によっては、ラッキーなことにその問題が解決されちゃうわけで、ホント、このチャンスを見逃すことはできません。

とはいえ、簡単にバイトなりお仕事なり、見つかるものなの?という不安もあると思います。
特に英語力もまだまだ自信がないときは、なかなかその一歩が踏み出せない人は多いはずです。

SONY DSC

Photo by lalalalondon.com

お仕事の探し方によりますが、例えば「和食レストランのホールスタッフ」なんてどうでしょう。英語力に自信がないなら「キッチンスタッフ」。
オーナーが日本人であることも多く、積極的に日本人スタッフを募集しています。お店側も雰囲気を出すためか、日本人に限らず東洋人は採用されやすいようです。
和食レストランが多いロンドンならではのお仕事ですね。

学生に多い仕事が「カフェ店員」とか、「レストラン店員」。それから「ベビーシッター」や「ハウスクリーナー」も募集が多い職種です。

イギリスらしいとこでは、「CD/レコードショップ店員」で本場のUKサウンドに囲まれて仕事をしたり、お客さんとのお喋りの技術が必要になるけど「パブ店員」も充実した毎日を送れるかもしれません。

現地日系紙や日系店にある掲示板なんかでよく募集しているのは、「買い付け」の仕事。パリやミラノなどへ行ってお目当ての商品を買ってくる仕事です。

Photo by lalalalondon.com

Photo by lalalalondon.com

日本人の繊細な技術が評価されている「美容師」(もしくはその見習い)や日本人子供向け「家庭教師」も求人広告をよく見かけます。

もちろん日系店舗や日系企業も人材を募集しています。
お仕事に必要な英語力は職種によって様々で、例えば「皿洗い」ならば、極端な話、初級英語力でもOK。
でも、日系企業での仕事となると高度な英語力(+ビジネススキル)が求められます。

お給料は、物価と比較すると、一般的な東京の学生アルバイト時給と同程度か、もしくはちょっと安いくらい。

もちろん職種次第。
乾杯ワークや、エンジニア、事務職は高時給です。

ここに紹介した職種が、全てではありません。
語学学校に加えて、専門的な学校に通い、様々な職種に就くことも可能でしょう。

芸術家、ミュージシャン、スポーツマネージメント、美容カウンセラー、ダンサー、ツアーコンダクター、バーテンダー、報道記者、、、挙げればきりがありません。

努力次第で、なんにだってなれます。イギリスは努力と才能は認められる社会です。
今も多くの日本人留学生が、アルバイトや語学の上達に励みながら、自分の夢を追いかけています。

大事なのは、あなたの第一歩ですよ。


Related posts

Top